香港・マカオの現地オプショナルツアー予約サイト|おすすめの現地ツアー・世界遺産観光などオプション・旅行手配はパンダバスにお任せ!
【ツアー紹介】深圳・大鵬所城と東山古寺
売れ筋!ツアーランキング
満足度!ランキング
最新版体験者の声
けろけろ
少ない人数で、バス車内移動しながらみることができました。日本語でのガイドが面白かったです。
....続きを見る
haruchi
9月の初めにお世話になりました。当日の集合場所の変更にも快く受けて頂 き大変助かりました。また、高
....続きを見る
りりい
マカオで、お洒落な日本人の女性ガイドさんが今昔の歴史と時事を入れて説明してもらい又適度にポイント毎に
....続きを見る
毎日元気に
運行中!
【遠足レポート】深セン・大鵬古城と東山寺遠足!

2017年11月19日に「パンダの遠足 中国・深圳・大鵬所城と東山古寺ツアー」を催行しました。当日は7名様にご参加頂きまして、懸念していた交通渋滞もなく、行程通りかなりスムーズにご案内させていただきました!ツアー当日のご様子をお届けします!


●当日のスケジュール

08:30 香港・MTR「羅湖駅」改札にて集合

09:00 中国・深セン入国。専用車にて大鵬古城へ。

10:30 大鵬古城到着。城内観光および自由散策(約90分)

12:15 昼食

13:00 民宿街・海辺散策(約20分)

13:35 大鵬東山古寺観光

15:30 羅湖イミグレーションにて解散。


当日は8時30分に香港のMTR「羅湖駅」改札でご集合!弊社日本人添乗員がバナーを持って皆様をお出迎え!ご夫婦でのご参加やお1人様での参加の方もいらっしゃいましたが、すでに皆様中国の歴史に思いを馳せワクワクとした表情をされておりました。

早速香港のイミグレーションを超え、中国へ入国!イミグレーション出口に弊社中国側のガイドがお客様をお迎えします。専用車に乗車し片道約1時間半かけて大鵬古城へ向かいます。道中はガイドの中国ウンチクや、お客様からガイドにご質問を頂く事も!1時間半は思いのほか短く感じられました。

 

そして遂に大鵬古城、厳めしい佇まいの南門に到着です。中国の古い街は城壁で囲まれていて、東西南北に城門があります。大鵬古城もその例外でなく、その門構えは厳か且つ敵を寄せ付けまいとする鉄壁さが際立っていました。南門の前でチケットを購入!いざ城内に突入!

まず初めに、古城内の見所にご案内いたしました。最初の見どころは入り口でもある南門。ここは城門に登ることができます。城門にのぼると大鵬古城の街全体が見渡すことができ、いにしえの街並みが浮かび上がってきます!また、大砲や銅像が置かれており、大鵬古城全体の立体地図も展示されています。

次の見どころは、アヘン戦争時代の有名な将軍の屋敷へご案内!大鵬古城内にはその昔活躍した将軍の屋敷がいくつか残っていますが、今回ご案内したのは、その中でもひときわ有名な頼氏、頼恩爵の屋敷です。彼は大鵬古城の「三代五将」のひとりであり、アヘン戦争の際に九龍で英国軍と戦った名将であり、広東水師提督から最後には振威将軍(従一品)の位を与えられたという地元の英雄なんです。屋敷内にはアヘン戦争ゆかりのものから頼氏の家系図や家訓などが展示されています。

次に向かったのは当時の生活を見ることが出来る展示館。一本の木で作った舟や武器・石臼など展示されておりその時代の生活を垣間見ることが出来ます。

そして最後に北門に到着。登ってみると、南門とはまた違う畑や田園風景が楽しめます。

皆様で一通り見所を見た後は、1時間ほどの自由行動!ここの一番の魅力はなんといっても中国の時代劇のセットかと思わせるほどのこの街並みと雰囲気。気ままにそぞろ歩きをしているとまるで明や清の時代にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えます。西側にはカフェや良い雰囲気の小路があるのでそちらへ行くも良し!大鵬古城の真ん中を貫く大通りでお土産や地元の名物のお菓子などを買ってみるも良し!皆様気ままに散策をお楽しみ頂きました。

再集合時にはお土産の袋がチラホラ。古城周辺にも出店がたくさん並んでいます。中でも特に目を引いたのが、意外にもお餅!炊き立てのもち米を付いて、できたお餅をその場で販売。11月から旧正月の時期になるとよく見られる光景のようです。

大鵬古城を後にしてランチへご案内。今回は古城近くのホテル内レストランで、広東料理のランチです。ホテルは広々としていて清潔。お料理も海鮮を中心にお楽しみ頂きました!

その後は民宿街をぶらり散歩。個人では絶対に訪れることがないであろう海辺ローカルエリアの散策です。お洒落な民宿やお店が集まっていて、観光の穴場です!

そして最後にご案内するのが東山寺。こちらは大鵬所城の東側にある寺院です。1394年に建立されたこの寺院は中国禅の名刹(めいさつ)とされています。何度も修復を繰り返されているお寺で、現在は明・清時代のデザインの内装ですが、昔は他宗教が複合していました。2次世界大戦時には日本と戦う兵士の訓練場でもありました。実際に確かにそのような場所が残っていました。修復後ということで、全体的に確かに新しい感じがありますね。

可愛らしい石の像が、並んでいました。思わずパシャリッ☆

 

深圳の古きお寺の歴史に触れ、ツアー行程は終了、バスで羅湖駅まで向かいます。羅湖駅に到着したら、ガイドさんにお礼を言ってお別れ!お客様の中には深圳解散で、そのまま深圳で遊んで帰られる方もいらっしゃいました!深圳イミグレーションで皆様解散!明・清の時代を肌で感じて頂けたかと思います!

 

2018年3月18日は「大鵬古城と菜の花遠足」を催行予定ですので、是非ご注目下さいませ!